国立極地研究所と茨城工業高等専門学校の研究グループは、太陽活動が低下する今後7年間で、宇宙から降り注ぐ放射線の量が増えて、シアリス 通販被ばく量が増える可能性があると明らかにした。

 宇宙空間にはたくさんの放射線が飛び交っているが、地球上に住む我々は、磁場や大気などがバリアとなって、被ばくを免れている。しかし国際宇宙ステーションや高度1万メートルを飛ぶ航空機では、宇宙放射線が降り注ぐ量が地上より多くなり、被ばくリスクも高くなる。

 国立極地研究所の片岡龍峰准教授と茨城工業高等専門学校のグループは、宇宙放射線が太陽から吹き出すプラズマの風で遮られることに着目。11年周期で変化する太陽活動によって、地球に届く宇宙放射線がどう変化するかをシミュレーションした。

 このシミュレーション結果を、1980年〜2015年までの35年間に実際に観測された宇宙線強度と照らし合わせたところ、威哥王変動値がほぼ正確に再現されていることが裏付けられた。

 次に、2024年までに地球に到達する宇宙線強度と、上空1万2000メートルを飛ぶ航空機の被ばく量を計算した結果、今後、太陽の黒点数が減って、磁場活動が弱まっていくにつれて、太陽によるバリアが小さくなって地球に降り注ぐ宇宙放射線量が増加することがわかった。

 前回、太陽活動が最も弱まったのは2009年だが、次の極小期にあたる2020年の前後5年間では、年間被ばく量は平均で約19%増加すると予想される。…




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-22 (月) 18:31:39 (1588d)